みつごのきもち

三つ子ボーイズとママの成長日記@バンコク♪
MENU

新学期は涙でスタート

先週新学期がスタートしてから、くり太郎が朝学校で泣くようになってしまいました…
幼稚園でも泣かなかったのに。
学校に着くと私の手をぎゅっと握って離さず、「ママと一緒にいたい」と言って涙ぽろぽろ。結局教室前まで連れて行って、担任の先生になだめられながら(泣きながら)教室へ入る毎日です。

少しずつよくなるどことか、先週の金曜日はさらに号泣…。
学校の入り口で泣いているところでちょうど担任の先生が通りがかったので、預けて連れて行ってもらい、私は帰ろうと駐車場へ。車を出そうとしていたらお友達のパパから電話がかかってきて、「くり太郎がママを探して泣いてるよ」と
戻ってみると2,3人のママやパパに囲まれて慰めてもらっていました。何とかなだめて教室前までもう一度連れて行ったものの、涙はどんどんエスカレートしてしまい、結局号泣。足にしがみついて「ママと一緒にいるぅ~」と大泣きして、担任の先生に引きはがされてほぼ無理やり教室へ。
さすがに私も悲しくなってしまい、泣きながら車を運転して帰りました…。

泣いちゃう理由は何度も話してみたものの、誰かにいじめられるとかではない様子。
この前なんて寝る前に、「ママ、くり太郎は何で朝泣いちゃうんだろう?」と私に聞いてきました(^-^;

え?自分が泣いちゃう理由をママに聞くの?それはママが聞きたいんだけど?(笑)

てっきり何か言えない理由があるのかと思いきや、どうやら本人も何で悲しい気持ちになっちゃうのか分かってないらしいです。
私の想像では、新学期が始まってあまりに人の多さに圧倒されて、不安になってるんじゃないかな、、、と。通っている学校は小学校から高校まであって、生徒も多分2,000人くらいはいるし、それもほとんど自分たちよりずっと大きい子たち、これまでずっと同じクラスだった三つ子の2人も今はそれぞれ違うクラス。その中に置いて帰られることで急に不安が押し寄せるんじゃないかなと思っているんだけどどうなんだろう??

もしかしたら私が送るからこんなに泣くのかもしれないと、今日はパパに送って行ってもらいました。
去年清水寺で買った学童お守りをまだ持たせてなかったのを思い出したので、
「怖くなったり、悲しくなったらこれを握って深呼吸してね」と玄関先で既に涙ぐんでいたくり太郎に渡しました。


さっき電話があって、やっぱり車の中と学校の入り口で少し泣いたそう。でも今日はまめ太郎が一緒に手を引いて教室まで連れて行ってくれたらしいです。(ちなみにこういう時、いも太郎は容赦なくさっさと自分の教室へ行っちゃいます(^^;)
明日、明後日と少しずつ自信をつけていってくれるといいなぁ。





スポンサーサイト

アユタヤ

5月15日から一年生として新学期がスタート。
休みも残り少なくなってきたし、ふと思い立ってアユタヤ遺跡に行ってきました。
渋滞してなければ家から車で1時間で行けちゃう世界遺産なのに
子どもたちはまだ一度も行ったことがないし、私も何と18年ぶり!

アユタヤには有名なお寺が何か所もあるんだけど、その中からワット・マハータート
ワット・プラシーサンペット、ワット・ヤイチャイモンコンに行ってきました。










今のタイのお寺のような華美はないけど、圧倒的な美しさ…。
だったんだけど、も~とにかく暑かった~ 日差しが逃れられるのが
木の下くらいしかないのでみんな汗だく。

日本人観光客が多いな~と思ってたけど、よく考えたらGW中でした!

お昼はチャオプラヤ川沿いのレストランで名物の川エビ♪ 子どもたちはエビが苦手で、普段は食べるように勧めてるんだけど、昨日は食べなくてよかった~。こんなのガツガツ食べられたらいくらかかるか分かんないし^^;





帰りはスタバに寄り道。
帰り道からはちょっと外れるんだけど、タイの雑誌で見て一度行ってみたかったアユタヤのスタバ、遺跡をモチーフにしたデザインでカッコイイ!




今回は朝から行って午後には帰って来たけど、今度は機会があれば夕方ライトアップされる遺跡も見てみたいなぁ~









該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。