みつごのきもち

三つ子ボーイズとママの成長日記@バンコク♪
MENU

漢字の練習スタート

小学校生活がスタートして、かなりハードなスケジュールになったものの、日本語の勉強も少しずつ続行中。
新学期が始まる前のお休み中は短い絵日記をつけさせていましたが(お決まりの?毎日「たのしかったです」で終わるやつ。笑)、さすがに学校が始まると時間が少ないので今は漢字と本読みがメイン。

漢字は嫌がるかなぁと思っていたものの、意外と抵抗ない様子。
今のところ練習したのは漢数字の一~十と、大、小、犬、そして月~土まで。
順番は私の思い付きで結構テキトーです

タイ語や英語はかなり字が汚いまめ太郎が漢字は割ときれいに書けるのがちょっと不思議。

普段ほぼ私としか日本語を使わない三つ子の日本語力は、まぁまぁかなぁとは思っているけど気になることもいくつか。
例えば、「もらう」「あげる」「くれる」の使い分けがまだ上手くできていません。
『大きくなったらボクがママにかってくれる(→あげる)ね!』とか『今日学校で友達が消しゴムあげた(→くれた)』とか。

あとこれはだいぶ前からなんだけど、「ばっかり(ばかり)」の使い方がおかしい。
なぜか「ばっかり」が文頭に来て、『ばっかり遊んでる』(遊んでばっかりの意)とか『ばっかり○○観てる』(○○ばかり観てる)など‥。

その他にも言葉の並びがタイ語の文法に沿っていて日本語的にはおかしかったりとか。

こういう間違いは日本に住んでる日本人の子どもならもうしないですよね…
間違ってても、何となく私が理解してしまって直してあげなかったこともあったかもしれません
自信を失わない程度に根気よく直していこうと思います。




にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

タイの小学校にビックリ

タイのことはそこそこ知ってるつもりだったけど、子どもがタイの小学校に入って驚くことが色々。
一番驚いたのが教科の数と時間割です。

海外に住む子どもも日本の教科書の無料配布を受けられるのですが、それで頂いた教科書は国語、算数、生活、図画工作、道徳、書写、音楽の7冊。に対し、タイの学校でもらった教科書は19冊

その教科はというと、
国語(タイ語)、算数、英語、理科、社会、保健体育、家庭科、歴史、仏教、図画工作、音楽、市民の義務、Mathematics、Science。
(この学校ではタイ語で習う算数と理科に加えて英語で授業するMathとScienceがあります)

その他にも教科書のない教科で、体育、コンピューター、クラブ活動、合唱、ボーイスカウトなどがあります。もうぎっしり盛りだくさん 
朝8時50分から1時間目が始まって(その前にホームルーム)、毎日7時間目まで

おまけに各時間目ごとに休憩があるわけじゃなくて、午前中は2教科終わってから小休憩、午後なんて3教科続いてようやく15分休憩です。授業時間も一コマ50分。

そして7時間目の授業が終わった後、さらに40分間補習授業があってようやく解散 低学年はこの40分の補習授業で宿題を終わらせ、基本家でやる宿題はないようにしてくれるので親にとっては助かるのですが、全体的にかなりのハードスケジュールです

通学時は行きも帰りもバンコク名物の渋滞
16時半に学校が終わって、家に着くのは17時過ぎ。お風呂に入って、ご飯を食べて、日本語の勉強やピアノの練習、遊んだりテレビ見たりなんてしてると、ほんっとあっという間に寝る時間です…

子どもたちもさすがにおつかれ。ベッドに入ると毎晩コテンと寝てしまいます。
まだ慣れない小学校生活に母も子もヘトヘトです~



にほんブログ村 子育てブログ 三つ子・四つ子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 2008年4月~09年3月生まれの子へ
にほんブログ村

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。