みつごのきもち

三つ子ボーイズとママの成長日記@バンコク♪
MENU

新学期は涙でスタート

先週新学期がスタートしてから、くり太郎が朝学校で泣くようになってしまいました…
幼稚園でも泣かなかったのに。
学校に着くと私の手をぎゅっと握って離さず、「ママと一緒にいたい」と言って涙ぽろぽろ。結局教室前まで連れて行って、担任の先生になだめられながら(泣きながら)教室へ入る毎日です。

少しずつよくなるどことか、先週の金曜日はさらに号泣…。
学校の入り口で泣いているところでちょうど担任の先生が通りがかったので、預けて連れて行ってもらい、私は帰ろうと駐車場へ。車を出そうとしていたらお友達のパパから電話がかかってきて、「くり太郎がママを探して泣いてるよ」と
戻ってみると2,3人のママやパパに囲まれて慰めてもらっていました。何とかなだめて教室前までもう一度連れて行ったものの、涙はどんどんエスカレートしてしまい、結局号泣。足にしがみついて「ママと一緒にいるぅ~」と大泣きして、担任の先生に引きはがされてほぼ無理やり教室へ。
さすがに私も悲しくなってしまい、泣きながら車を運転して帰りました…。

泣いちゃう理由は何度も話してみたものの、誰かにいじめられるとかではない様子。
この前なんて寝る前に、「ママ、くり太郎は何で朝泣いちゃうんだろう?」と私に聞いてきました(^-^;

え?自分が泣いちゃう理由をママに聞くの?それはママが聞きたいんだけど?(笑)

てっきり何か言えない理由があるのかと思いきや、どうやら本人も何で悲しい気持ちになっちゃうのか分かってないらしいです。
私の想像では、新学期が始まってあまりに人の多さに圧倒されて、不安になってるんじゃないかな、、、と。通っている学校は小学校から高校まであって、生徒も多分2,000人くらいはいるし、それもほとんど自分たちよりずっと大きい子たち、これまでずっと同じクラスだった三つ子の2人も今はそれぞれ違うクラス。その中に置いて帰られることで急に不安が押し寄せるんじゃないかなと思っているんだけどどうなんだろう??

もしかしたら私が送るからこんなに泣くのかもしれないと、今日はパパに送って行ってもらいました。
去年清水寺で買った学童お守りをまだ持たせてなかったのを思い出したので、
「怖くなったり、悲しくなったらこれを握って深呼吸してね」と玄関先で既に涙ぐんでいたくり太郎に渡しました。


さっき電話があって、やっぱり車の中と学校の入り口で少し泣いたそう。でも今日はまめ太郎が一緒に手を引いて教室まで連れて行ってくれたらしいです。(ちなみにこういう時、いも太郎は容赦なくさっさと自分の教室へ行っちゃいます(^^;)
明日、明後日と少しずつ自信をつけていってくれるといいなぁ。





スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-4 Comments

ゆうき says..."涙の新学期"
新学期が始まりましたね。
くり太郎君が泣いちゃう様子に、去年新1年生だった長男がダブりました…。
毎朝泣いちゃってたんですよ~
このあたりの地域は近所の子が集まって班で登校するので、泣きべそ長男を集合場所まで送っていたのですが、集合場所で号泣しすぎて手を焼いた上級生が家に連れ帰ってきてくれたり。そんな時は下の子たちもぞろぞろ連れて徒歩で小学校まで送っていきました。
4月の新学期開始から、6月梅雨明けごろまでそんなだったかな?

どうして泣けちゃうの?と聞くと、「おかあちゃんと一緒にいたい。学校に行くとおかあちゃんがいない」と。保育園には問題なく通っていたので、こちらもこの言葉には「なんで?」でしたが、まあ、本人もよく分かってない上でなんとなくそれらしい理由を言ってみたのかな、と。
ちなみに、学校についてしまえば、思い出し泣きも時折あったようですが、気を取り直してそれなりに過ごしていたようでした。

そのうちに落ち着いて通えるようになりました。
秋ごろだったか、私の母が登校途中の長男に出会って「最近泣かずに行ってるね。どうして?」みたいなことを尋ねたら、「あきらめた。」と答えたそうです(笑)。

泣いている子を置いてくる後ろ髪引かれる気持ち、すごくわかります。

長々と書いてしまってすみません。くり太郎君がこの壁を乗り越えられますように!
2015.05.27 22:27 | URL | #- [edit]
ゆうきさんへ says..."ゆうきさんへ"
ゆうきさん、ありがとうございます!
長男くんも泣いちゃってたんですね。
>本人もよく分かってない上でなんとなくそれらしい理由を言ってみた
そうそう、うちも多分それだと思います!(笑)

今週は夫に送って行ってもらっていて、やっぱり学校に近づくと涙ぐむらしいんですが、それでも何とか自分で車を降りて行けてるみたいです。
ただ、今週までは慣れない一年生のために校内に駐車してもいいことになってるんですけど、来週からはもう学校の入り口に停車してパッと子どもだけを降ろして行かなきゃいけないので、ちょっと心配です><(そこで泣いて嫌がったりすると後ろが大渋滞になります…苦笑)
いも太郎は毎晩「くり太郎、明日はもう泣かないでよね!」といらぬプレッシャーをかけるし(-_-;)

長男くんは6月まで泣いてたんですね…。
励ましてみたり、ちょっと突き放してみたり、こっちまで悲しくなってきたり、今は大変ですけどきっとそのうちに「あーあんな頃もあったなぁー」と可愛らしさを懐かしむ時が来ますよね。
でもくり太郎も早めに「諦めて」くれないかしらー(笑)
2015.05.28 00:59 | URL | #- [edit]
ちえ says..."お久しぶりです!"
いつも本当にがんばってらっしゃって尊敬です
記事があっぷされるとうきうきで、コメント書こう書こうとして雑多なことに流されています
でも楽しみにしています!

2月に家族旅行でバンコクへ行きました
みつごちゃんの都市かーーと思いながら旅しました
いつかかんでしたが楽しかったです
そしてみつごちゃんの子育て中のきとを思いました

東京は単一国家で育て易いかと言えば、どうでしょうか
レストランでの優しさなどは、タイならではですかねー感動しました

我が家も小1、新しい環境に親子で圧倒されましたが、どうにか乗り切ってます
なんとなくこのまま空気を読まなくてはいけない環境に閉塞感と安堵をおぼえながら過ごしてます

子供がいて本当に良かったです
いなかったら思わなかった複雑な感情を教えてくれます

バンコクへ来る前にブログを何度となく読み返しました
助かりました
ありがとうございます!
もしも東京へ来ることがあれば教えてください
何かやくにたてればと思いました
2015.06.14 15:24 | URL | #JyN/eAqk [edit]
ちえさんへ says..."ちえさんへ"
ちえさん、うれしいコメントをありがとうございます♡
バンコクに遊びにいらっしゃったんですね!どちらかと言うと大人向きで子どもが楽しめる所は少ない街だけど、確かにどこでも子どもには優しいですね^^♪ 大らかで割と自分たちとは違う存在も受け入れてくれる国民性なので日本人にも子育てしやすいんですけど、やっぱり普通に日本で生まれ育った母親からすると戸惑うこともたくさんあります(^-^;
お互い新しい環境に慣れるまで大変ですけど、頑張りましょうね(^^)/

東京、10月に1日だけ行きます(笑)
2015.06.15 15:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mitsugonokimochi.blog121.fc2.com/tb.php/430-439e9cfa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。